コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キフヌ島 キフヌトウ

デジタル大辞泉の解説

キフヌ‐とう〔‐タウ〕【キフヌ島】

Kihnu》エストニア西部、バルト海のリガ湾に浮かぶ島。エストニアの伝統的な歌や踊り、民俗衣装、結婚式などの生活文化が色濃く残っており、2003年に「キフヌ島の文化空間」の名でユネスコ無形文化遺産に登録された。キーヌ島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

キフヌ島の関連キーワードエストニアバルト海

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android