キャサリン・オブ・アラゴン(英語表記)Catherine of Aragon

世界大百科事典 第2版の解説

キャサリン・オブ・アラゴン【Catherine of Aragon】

1485‐1536
イギリス国王ヘンリー8世の最初の王妃。スペインのフェルナンドイサベルの末娘で,1501年イギリス皇太子アーサーと結婚するが,その死後09年弟のヘンリー8世と再婚した。のちのメアリー1世はその娘である。イギリス宗教改革の契機となったヘンリーの離婚訴訟に対して,33年カンタベリー大主教クランマーは結婚無効を宣言し,さらに翌年の王位継承法で確定した。キャサリンはこれを認めずイギリスにとどまったが,ハンティンドンシャーのキンボルトンにて死去した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のキャサリン・オブ・アラゴンの言及

【ヘンリー[8世]】より

…ヘンリー7世とヨーク家のエリザベスの次子。即位後まもなくローマ教皇の特免を得て亡兄の妻キャサリン・オブ・アラゴン(のちのメアリー1世の母)と結婚。対仏同盟に加わって大陸に出兵,スプールの戦で勝ち,北イギリスのフロッドンの戦(1513)ではスコットランド王ジェームズ4世を敗死させた。…

※「キャサリン・オブ・アラゴン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android