コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャサリン・オブ・アラゴン Catherine of Aragon

1件 の用語解説(キャサリン・オブ・アラゴンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キャサリン・オブ・アラゴン【Catherine of Aragon】

1485‐1536
イギリス国王ヘンリー8世の最初の王妃。スペインフェルナンドイサベルの末娘で,1501年イギリス皇太子アーサーと結婚するが,その死後09年弟のヘンリー8世と再婚した。のちのメアリー1世はその娘である。イギリス宗教改革の契機となったヘンリーの離婚訴訟に対して,33年カンタベリー大主教クランマーは結婚無効を宣言し,さらに翌年の王位継承法で確定した。キャサリンはこれを認めずイギリスにとどまったが,ハンティンドンシャーのキンボルトンにて死去した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のキャサリン・オブ・アラゴンの言及

【ヘンリー[8世]】より

…ヘンリー7世とヨーク家のエリザベスの次子。即位後まもなくローマ教皇の特免を得て亡兄の妻キャサリン・オブ・アラゴン(のちのメアリー1世の母)と結婚。対仏同盟に加わって大陸に出兵,スプールの戦で勝ち,北イギリスのフロッドンの戦(1513)ではスコットランド王ジェームズ4世を敗死させた。…

※「キャサリン・オブ・アラゴン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キャサリン・オブ・アラゴンの関連キーワードイギリス経験論首長令ヘンリーメサイアイギリス国教会イギリスオランダ戦争イギリス巻ブリンヘンリーロイヤルレガッタイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone