コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗山 くりやま

8件 の用語解説(栗山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栗山
くりやま

栃木県北西部,日光市北西部の旧村域。 1889年周辺8村と合体して村制施行。 2006年日光市,今市市,足尾町,藤原町と合体して日光市となった。帝釈山地の南斜面から日光火山群の北斜面にかけての鬼怒川上流域に位置する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

くりやま【栗山】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栗山
くりやま

栃木県の中央部から北西部、福島・群馬両県に接する塩谷(しおや)郡にあった旧村名(栗山村(むら))。現在は日光(にっこう)市の北西部を占める地域。旧栗山町は1889年(明治22)9か村の合併によって成立し、2006年(平成18)日光市に合併。周囲を2000メートル級の高山に囲まれ、鬼怒(きぬ)川本流およびその支流湯西(ゆにし)川の二つの谷に分かれており、集落はこれらの谷の段丘上に立地する。従来、水田はほとんどなく零細な雑穀栽培を中心とする農業と、国有林を中心とする林業労働および木工業とを行って生計をたてる者が多かったが、近年、奥鬼怒温泉郷、川俣(かわまた)温泉、湯西川温泉、鬼怒沼、川俣湖、湯沢噴泉塔(国指定天然記念物)などの開発に支えられ、観光関係産業への従事者が増えている。平家落人(おちゅうど)伝説村の一つ。また、川俣で行われる元服式は国指定重要無形民俗文化財。[櫻井明久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の栗山の言及

【柴野栗山】より

…江戸中期の儒学者。名は邦彦,字は彦輔,栗山は号。讃岐国牟礼村出身。…

※「栗山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栗山の関連情報