キャッシュ・マネジメント・サービス(読み)キャッシュマネジメントサービス(英語表記)cash management service; CMS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャッシュ・マネジメント・サービス
キャッシュマネジメントサービス
cash management service; CMS

銀行と取引企業の間をコンピュータやパソコンネットで結び,企業が銀行取引に関する情報を端末機器を通して入手したり,金融取引を相互に連絡し合う一種ファームバンキング・サービス。伝票類が省けるため,企業の資金運用管理の効率化がはかれる。コンピュータや情報通信技術の発達に伴って 1970年代からおもに大手銀行を中心に導入されてきた。当初は個別銀行が CMSを企業に提供していたが 84年以降,都銀・長期信用・信託・農中グループ,地銀グループなど業態別の銀行が参加した CMSセンターがサービスを提供,複数銀行間の企業の金融決済などに利用されるまでになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android