コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャッチライト catch light

デジタル大辞泉の解説

キャッチ‐ライト(catch light)

ポートレートや動物写真の撮影技法の一。被写体の瞳に光を反射させて白い輝きを入れること。生き生きとした表情にする効果がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

キャッチライト

 ポートレート撮影、特に顔のアップの撮影ではポイントとなる目の輝きを強調するために、モデルの目の中に光らせる白い輝きのこと。この輝きを入れようとする場合、ストロボを使ったり、白い レフ板 を使ったりする。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android