コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャッチライト catch light

デジタル大辞泉の解説

キャッチ‐ライト(catch light)

ポートレートや動物写真の撮影技法の一。被写体の瞳に光を反射させて白い輝きを入れること。生き生きとした表情にする効果がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

キャッチライト

 ポートレート撮影、特に顔のアップの撮影ではポイントとなる目の輝きを強調するために、モデルの目の中に光らせる白い輝きのこと。この輝きを入れようとする場合、ストロボを使ったり、白い レフ板 を使ったりする。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャッチライトの関連情報