コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物写真 どうぶつしゃしん animal photography

2件 の用語解説(動物写真の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動物写真
どうぶつしゃしん
animal photography

動物の生態記録や愛玩動物を鑑賞的に描写する写真の一分野。 1930年頃から分野として独立し,第2次世界大戦後はアフリカ南アメリカ,南・北極などの野生動物にもカメラが向けられるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動物写真
どうぶつしゃしん

野生動物、保護されている半野性動物、動物園で飼育されている動物、犬・猫などのペットを対象とした写真。アメリカではネイチャーフォトの一分野に入れられているが、日本では独立した分野として広く親しまれてきた。また昆虫写真は、動物写真のなかでも特殊な分野とされる。
 動物の生態観察記録が第一義的だが、観賞目的の作品も多い。基本的には人間と動物とのメッセージの交換ということが動物写真の新しい視点となってきた。歴史的には、対象が機敏なためにメカニズムの進歩が必要であり、まずイドウィアード・マイブリッジが連続撮影手法を開発して1870年代の終わりから馬、犬、鳥などの撮影に成功し、またエティエンヌ・ジュール・マレーも高速度写真を開発してやはり動物を撮った。また感材も湿板法にかわって、ゼラチン乾板が1870年初期に出て露出時間が短縮され、技術的に進歩したことも見逃せない。さらに1880年代にはコダック社がハンドカメラを出し、またセルロイド製のロール・フィルムも実用化されて、対象が広がり、手法も多彩化した。しかしアフリカなどの野生動物撮影が軌道にのるのは1930年代初めのことである。[重森弘淹]
『S・ドルトン著『瞬間をとらえる――生物ハイスピード写真集』(1983・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動物写真の関連キーワード愛玩動物エルトン家畜記録文学後生動物体腔動物動物界矮性動物の森森下正明

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

動物写真の関連情報