コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物写真 どうぶつしゃしんanimal photography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動物写真
どうぶつしゃしん
animal photography

動物の生態記録や愛玩動物を鑑賞的に描写する写真の一分野。 1930年頃から分野として独立し,第2次世界大戦後はアフリカ南アメリカ,南・北極などの野生動物にもカメラが向けられるようになった。また動物学においてもカメラによる観察が重要視されるとともに,アマチュア写真家の身近なテーマとしても愛好されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動物写真
どうぶつしゃしん

野生動物、保護されている半野性動物、動物園で飼育されている動物、犬・猫などのペットを対象とした写真。アメリカではネイチャー・フォトの一分野に入れられているが、日本では独立した分野として広く親しまれてきた。また昆虫写真は、動物写真のなかでも特殊な分野とされる。
 動物の生態観察記録が第一義的だが、観賞目的の作品も多い。基本的には人間と動物とのメッセージの交換ということが動物写真の新しい視点となってきた。歴史的には、対象が機敏なためにメカニズムの進歩が必要であり、まずイドウィアード・マイブリッジが連続撮影手法を開発して1870年代の終わりから馬、犬、鳥などの撮影に成功し、またエティエンヌ・ジュール・マレーも高速度写真を開発してやはり動物を撮った。また感材も湿板法にかわって、ゼラチン乾板が1870年初期に出て露出時間が短縮され、技術的に進歩したことも見逃せない。さらに1880年代にはコダック社がハンドカメラを出し、またセルロイド製のロール・フィルムも実用化されて、対象が広がり、手法も多彩化した。しかしアフリカなどの野生動物撮影が軌道にのるのは1930年代初めのことである。[重森弘淹]
『S・ドルトン著『瞬間をとらえる――生物ハイスピード写真集』(1983・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動物写真の関連キーワードジェーン・バン グドールネイチャーフォトアフリカポレポレキャッチライト星野道夫さん星野 道夫竹田津実岩合光昭田中光常ふくろう宮崎学

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動物写真の関連情報