コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャッツクロー きゃっつくろー

1件 の用語解説(キャッツクローの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

きゃっつくろー【キャッツクロー】

キャッツクローは南米ペルー原産の蔓性(つるせい)植物で、先住民が「健康をまもる植物」として重用していた薬用植物です。
 樹皮に薬効成分が含まれており、それを抽出してつくられます。
○栄養成分としての働き
 キャッツクローには判明しているだけで6種類のアルカロイドが含まれています。キャッツクローにしかないイソプロポディンをはじめ、5種類のアルカロイドがマクロファージの外敵に対する攻撃力を高め、免疫力を増強します。
 また血小板凝集(ぎょうしゅう)を防いで血栓(けっせん)をできにくくします。
 このほかの有効成分であるキノビック酸には抗炎症作用、さらにフラボノイドカテキンにはビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍もの活性酸素除去の作用があります。
 これらの働きで気管支炎、関節炎、がん、胃潰瘍(いかいよう)、ぜんそく、脳塞栓(のうそくせん)、脳血栓(のうけっせん)などに効果が発揮されるのです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

キャッツクローの関連キーワードキャッサバキャットフィッシュロールキャップ財務活動によるキャッシュフロー投資活動によるキャッシュフローペルービアン・インカ・オーキッドペルービアン・ヘアレス・ドッグ営業キャッシュフローキャッツクレイドルキャッチング

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キャッツクローの関連情報