コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳塞栓 のうそくせん cerebral embolism

7件 の用語解説(脳塞栓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脳塞栓
のうそくせん
cerebral embolism

脳栓塞ともいう。脳卒中の一つ。心臓などに形成された血栓がはがれて移動し,脳の動脈枝が閉塞するために起るものをいう。症状は脳出血と同じように,突然,意識障害や片側の麻痺などを起すが,一般に症状はやや軽く,比較的短期間に回復する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のう‐そくせん〔ナウ‐〕【脳塞栓】

心臓にできた血栓や、まれには脂肪・腫瘍(しゅよう)細胞などの塊が流れてきて、脳の動脈に詰まる疾患。症状は脳血栓と同様で、突発的に起こることが多い。脳塞栓症。→脳梗塞

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

脳塞栓【のうそくせん】

脳栓塞とも。心臓弁膜症・心臓内膜炎などで生じた血栓のほか,細菌や脂肪の塊,癌組織の一部,空気などが脳血管を閉塞することによって起こる疾患。脳梗塞(こうそく)の原因となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

脳塞栓

 脳以外で生じた血栓が脳の血管を塞ぎ,血流を止める症状.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活習慣病用語辞典の解説

脳塞栓

脳梗塞の 1 つで、心臓や首の動脈などにできた血栓が、脳の血管に流れてきて、動脈を詰まらせてしまう病気です。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のうそくせん【脳塞栓】

脳の血管に、脳以外の部位でできた血栓や塞栓が流れてきてつまったもの。心疾患や動脈硬化症に伴って起こることが多い。前ぶれなく突然卒中発作を起こし、運動麻痺まひ・知覚麻痺などを起こす。脳塞栓症。 → 脳梗塞のうこうそく

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脳塞栓
のうそくせん

脳動脈の閉塞によっておこる局所的な脳壊死(えし)を脳梗塞(こうそく)(脳軟化)というが、そのうち、脳血管壁の病変に関連する脳血栓とは異なり、他の部位から脳動脈へ流入してきた異物(塞栓)によって閉塞した場合を脳塞栓という。栓子としては血栓が多く、臨床症状あるいは剖検所見からも脳血栓と区別できないことがしばしばある。脳塞栓の成因は心臓疾患によることが多く、心房細動や僧帽弁狭窄(きょうさく)症、あるいは両者の合併、心筋梗塞などが基礎疾患となる。そのほか、頸部(けいぶ)動脈のアテローム硬化を基盤として生じた血栓が脳に運ばれて脳血管を閉塞する場合もある。
 症状の特徴を列記すると、〔1〕急激に発症する。脳血栓とは異なり発病が急で、数秒あるいは2、3分で神経症状が発症し、進展完了する。〔2〕ほとんどの場合、前駆症状はない。〔3〕軽症の場合も比較的多いが、重症となる場合もある。内頸動脈や中大脳動脈のような太い血管に栓子が詰まったときは脳浮腫(ふしゅ)も著明で、意識障害が出現する。また急性期には、しばしば再開通現象(栓子が一度詰まって、これが溶解して血流が再開すること)により脳浮腫が助長されることがある。再開通例には、しばしば出血性梗塞が出現する。〔4〕腰椎穿刺(ようついせんし)で採取した髄液は清澄の場合が多いが、出血性梗塞のときはキサントクロミー(黄色調)あるいは血性となることもある。〔5〕脳に塞栓をおこすばかりでなく、他臓器(脾(ひ)、腎(じん)、四肢、腸、肺)に塞栓をおこすこともある。〔6〕年齢に関係なく発病し、また再発作をおこしやすい。
 治療としては、脳浮腫に対し脳圧下降剤(マニトール、グリセロールなど)を投与する。なお、血栓溶解剤は出血性梗塞をおこすおそれがあるので通常使用していない。[荒木五郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脳塞栓の関連キーワード脳血栓脳貧血皇胤実系樟脳の樹脳力嗅球多発性脳梗塞俺の血は他人の血鉛エンセファロパシー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脳塞栓の関連情報