コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳血栓 のうけっせんcerebral thrombosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脳血栓
のうけっせん
cerebral thrombosis

脳梗塞にしばしば認められる現象で,脳動脈に粥状動脈硬化や梅毒性動脈炎があって,血栓症を起すものをいう。一般に老人に多く,突発することは少く,徐々に段階的に進行し知覚,運動の障害を起す。急性期の死亡率は脳出血に比べて少いが,脳卒中の主因になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

のう‐けっせん〔ナウ‐〕【脳血栓】

脳動脈に動脈硬化などによって生じた血液の塊が詰まるために起こる疾患。片麻痺(へんまひ)失語などの症状がみられ、時間がたつにつれて強くなる。脳血栓症。→脳梗塞

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

脳血栓

 脳内血管に血栓が生じること.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

生活習慣病用語辞典の解説

脳血栓

脳の血管で動脈硬化が進むにつれ、徐々に血管の通路が狭くなります。狭くなった通路を通らなければならない血液は固まりやすい状態になり、やがて血の塊 (血栓) ができます。この血栓が、脳の血管に詰まって起きる病気で、脳梗塞の 1 つです。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

のうけっせん【脳血栓】

脳の血管が血液の塊によりつまったもの。意識障害・半身麻痺まひ・知覚障害などが起こる。高齢者に多い。脳血栓症。 → 脳梗塞のうこうそく

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脳血栓
のうけっせん

脳動脈硬化による血管内腔(ないくう)の狭窄(きょうさく)を基盤として閉塞(へいそく)が生じ、血流が遮断される結果、閉塞された動脈領域に壊死(えし)をおこし、脳梗塞(こうそく)が形成される疾患をいう。[荒木五郎]

症状

しばしば一過性脳虚血発作が前駆症状としてみられる。一般に症状は徐々に経過し、言語障害や片麻痺(へんまひ)などの神経症状は数分ないし数時間、あるいはそれ以上かかって出そろい、また段階的に進行する。頭痛はないか、あっても軽度である。意識障害もないか軽度であるが、片麻痺、失語症、半盲症などの神経症状が明らかに把握できる。高血圧は脳出血ほど密接な関係がなく、半数は正常血圧か低血圧である。腰椎穿刺(ようついせんし)によって採取した髄液は、水様で透明である。
 脳血栓は、閉塞する血管の部位によって症状ならびに予後も異なる。大脳半球では、内頸(ないけい)動脈、中大脳動脈、前大脳動脈、後大脳動脈などの主幹動脈の閉塞による皮質枝梗塞と、線条体動脈、視床膝(しつ)状体動脈などの穿通枝動脈の閉塞による基底核梗塞とに分けられる。内頸動脈や中大脳動脈領域の障害では、片麻痺(上肢が下肢より麻痺が強い)、失語症、半盲症(右または左半分の視野欠損)、失行(行為錯誤)、失認(認知不能)などの症状がみられる。前大脳動脈領域では、種々の精神症状、尿閉、尿失禁、片麻痺(上肢より下肢が強い)がみられ、後大脳動脈領域では、半盲症や、字は書けるが読めない現象がおきる。また脳幹では、椎骨(ついこつ)・脳底動脈系の血管閉塞によって、小脳、延髄、橋(きょう)などに脳梗塞がおこる。この領域では、めまい、眼振(他覚的に容易に認められる眼球の律動的運動)、平衡障害などがくるのが特徴である。なお、穿通枝動脈領域では、片麻痺と知覚鈍麻だけがくる。脳血栓は一般に生命の予後はよいが、合併症で死亡することがある。[荒木五郎]

治療

血圧は急性期には下げないのが原則である。ウロキナーゼで血栓を溶かそうとする線維素溶解(線溶)療法をはじめ、血小板凝集抑制剤、脳循環改善剤、赤血球変形能改善剤などが用いられているが、効果はなお明らかではない。リハビリテーションは発病1、2週から始める。[荒木五郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脳血栓の関連情報