コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャップ党・ハット党 キャップとう・ハットとうCaps and Hats

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャップ党・ハット党
キャップとう・ハットとう
Caps and Hats

近代スウェーデンの二大政党。「自由の時代」 (1718~71) にスウェーデンの政治を交互に支配した。キャップ党 Nattmössor (ナット・メッサ党。ナイト・キャップを常用したことから名づけられた) はよりブルジョア的で自由主義政策,親イギリス,ロシア政策を,ハット党 Hattarna (縁を上に曲げた陸軍の帽子を着用したことから名づけられた) はより貴族的で重商主義政策,親フランス政策をとった。 1771年王位につき絶対王政を復活したグスタフ3世により,政党の活動は禁止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キャップ党・ハット党の関連キーワードアドルフ・フレデリックカルル・フリードリヒルイザ・ウルリーカフェルセングスタフテッシンホルン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android