コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グスタフ3世 グスタフさんせいGustavus III

1件 の用語解説(グスタフ3世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グスタフ3世
グスタフさんせい
Gustavus III

[生]1746.1.24. ストックホルム
[没]1792.3.29. ストックホルム
スウェーデン王 (在位 1771~92) 。「自由の時代」の政争に終止符を打ち,1772年議会に王権強化の新憲法を採択させ,絶対王政をしいた。行政,司法の諸改革に着手するとともに,関税の多くを撤廃し穀物自由貿易をとる進歩的な経済政策,文芸の保護,アカデミーの設立,海軍の強化などに努めた。 88年ロシアの女帝エカテリーナ2世 (大帝) と争い,89年デンマークの侵入を撃退,90年スベンスクズンドの海戦でロシアに完勝し,「グスタフ時代」と呼ばれる全盛時代を築いた。 92年フランスに対する反革命同盟の結成に努力中,国内の党争が激化しストックホルムの劇場で暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グスタフ3世の関連キーワードフェリペ穴井六郎右衛門児童文学三大名作塙保己一荒木田久老歌体約言勘六司天台富永仲基

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グスタフ3世の関連情報