キャプチャー

ASCII.jpデジタル用語辞典「キャプチャー」の解説

キャプチャー

ディスプレーに表示されている画面を画像ファイルとして保存すること。Windowsのパソコンでは、[PrintScreen]キーを押すと画面がクリップボードに一時的に保存されるので、グラフィックソフトに貼り付けて画像ファイルとして保存できる。Mac OSでは、[command]キーと[shift]キーを押しながら、キーボード上部の数字の3を押すと、画面がデスクトップに画像ファイルとして保存される。なお、動画を取り込むことをビデオキャプチャーという。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「キャプチャー」の解説

キャプチャー(capture)

原義は、捕まえる、捕獲する、の意》コンピューターのディスプレーに表示された静止画や動画をデータとして保存すること、またはその機能。ディスプレー画面全体やウインドーに表示された内容を静止画像のデータとして保存することをスクリーンキャプチャーといい、他の映像機器などから動画データをコンピューターに取り込むことをビデオキャプチャーという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典「キャプチャー」の解説

キャプチャー【capture】

コンピューターのディスプレーに表示された画像をファイルに保存すること。また、その機能や画像そのもの。◇「キャプチャ」ともいう。特に静止画像を保存することを「スクリーンショット」、テレビなどの動画を保存することを「ビデオキャプチャー」という。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android