コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャプチャー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

キャプチャー

ディスプレーに表示されている画面画像ファイルとして保存すること。Windowsのパソコンでは、[PrintScreen]キーを押すと画面がクリップボードに一時的に保存されるので、グラフィックソフトに貼り付けて画像ファイルとして保存できる。Mac OSでは、[command]キーと[shift]キーを押しながら、キーボード上部の数字の3を押すと、画面がデスクトップに画像ファイルとして保存される。なお、動画を取り込むことをビデオキャプチャーという。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

キャプチャー(capture)

《原義は、捕まえる、捕獲する、の意》コンピューターディスプレーに表示された静止画や動画をデータとして保存すること、またはその機能。ディスプレー画面全体やウインドーに表示された内容を静止画像のデータとして保存することをスクリーンキャプチャーといい、他の映像機器などから動画データをコンピューターに取り込むことをビデオキャプチャーという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

キャプチャー【capture】

コンピューターのディスプレーに表示された画像をファイルに保存すること。また、その機能や画像そのもの。◇「キャプチャ」ともいう。特に静止画像を保存することを「スクリーンショット」、テレビなどの動画を保存することを「ビデオキャプチャー」という。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

キャプチャー【capture】

コンピューターにデータを取り込むこと。また、ディスプレー上に表示されている画像データをファイルとして保存すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャプチャーの関連情報