コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャプテン-クック記念碑 キャプテンクックきねんひ

世界の観光地名がわかる事典の解説

キャプテンクックきねんひ【キャプテン-クック記念碑】

アメリカのハワイ州ハワイ島、コナコースト南部ケアウホウ南東5kmの海岸に立つ、白亜記念碑。1778年にハワイ諸島を発見した探検家キャプテン・クックは、翌年ケアラケクア湾に上陸した。最初は住民の大歓迎を受けたが、やがて争いが起こり、不慮の死を遂げた。記念碑は彼が倒れた場所に立っている。周りは森に覆われているため、トレイルを歩くか海から上陸するしかない。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android