コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャプテン-クック記念碑 キャプテンクックきねんひ

1件 の用語解説(キャプテン-クック記念碑の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

キャプテンクックきねんひ【キャプテン-クック記念碑】

アメリカのハワイ州ハワイ島、コナコースト南部ケアウホウ南東5kmの海岸に立つ、白亜の記念碑。1778年にハワイ諸島を発見した探検家キャプテン・クックは、翌年ケアラケクア湾に上陸した。最初は住民の大歓迎を受けたが、やがて争いが起こり、不慮の死を遂げた。記念碑は彼が倒れた場所に立っている。周りは森に覆われているため、トレイルを歩くか海から上陸するしかない。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャプテン-クック記念碑の関連キーワードハワイアン音楽ハワイ諸島コナマラソンはわいハワイウォータービッグアイランド国際マラソンラニ・ハワイハワイ[島]ハワイ[諸島]ハワイ火山国立公園

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone