キャプテン-クック記念碑(読み)キャプテンクックきねんひ

世界の観光地名がわかる事典の解説

キャプテンクックきねんひ【キャプテン-クック記念碑】

アメリカのハワイ州ハワイ島、コナコースト南部ケアウホウ南東5kmの海岸に立つ、白亜記念碑。1778年にハワイ諸島を発見した探検家キャプテン・クックは、翌年ケアラケクア湾に上陸した。最初は住民の大歓迎を受けたが、やがて争いが起こり、不慮の死を遂げた。記念碑は彼が倒れた場所に立っている。周りは森に覆われているため、トレイルを歩くか海から上陸するしかない。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャプテン-クック記念碑の関連情報