不慮(読み)フリョ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① 予測がつかず思いがけないこと。不意であること。また、そのさま。意外。心外。
※今昔(1120頃か)九「不慮に族(やから)の為に罪を蒙て」
※秋声の描く女(1946)〈中野好夫〉「男が最近不慮の死をとげたことをきかされる」 〔杜荀鶴‐経廃宅詩〕
② 思慮がないこと。不思慮。
※浄瑠璃・宇治の姫切(1658)一「おっとにうらみ有ゆへ、ふりょにやとをたち出」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不慮の関連情報