キュウ(キウ)・うるし(漢字)

普及版 字通の解説


21画

(異体字)
16画

[字音] キュウ(キウ)
[字訓] うるし

[説文解字]

[字形] 会意
髟(ひょう)+(しつ)。は漆の初文。髟は毛髪の象、漆を塗る刷。〔説文〕六下に「(うるし)なり」とし髟声とするが声が合わず、字は会意。は形声、はその省形。漆を用いることは殷代にすでに行われており、弓(とうきゆう)・弓(ろきゆう)などは漆法によるものであったと思われる。春秋期に〔曾伯(そうはくしつほ)〕があり、は漆の潤沢をいう字であろう。孔門の漆雕開(しつちようかい)は漆雕(うるしぼ)りを業とした家と思われる。〔周礼〕〔儀礼〕にはの字を用いる。

[訓義]
1. うるし、うるしぬる、うるしをかける、赤・黒のうるし。

[古辞書の訓]
名義抄 ウルシヌル語彙字条参照。

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android