コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリストの三職位 キリストのさんしょくいmunus (officium) Christi triplex

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリストの三職位
キリストのさんしょくい
munus (officium) Christi triplex

旧約聖書においては,おのおの別個のものとされている預言職 (教導職) ,祭司,王の3つの職位と権能が救い主イエス・キリストの人性にまったき形式でそなわっているとする教理で,洗礼を受けた信者はすべてこの職位にあずかるとされる。イエスは,『マタイによる福音書』 21章 11では預言者,『ヘブル人への手紙』3章1では大祭司,『ヨハネによる福音書』 18章 37では王と呼ばれている。しかしそれをキリストの三職位として教理化したのは4世紀のカイザリアのエウセビオスであり,彼以前はキリストの職位は王と祭司であるとされていた。この教理はスコラ学やローマ教会ではほとんど無視されていたが,のち J.カルバン,J.ゲルハルトあるいは F.シュライエルマッハー,A.リッチュルらによって,また現代の神学では E.ブルンナーや H.シュテファンらによって取上げられ,今日ローマ教会でも広く認められるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android