権能(読み)けんのう

精選版 日本国語大辞典「権能」の解説

けん‐のう【権能】

〘名〙
① ある事柄について権利を主張し、行使することができる能力。多く法律上認められている権限についていう。権限。職権。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉新高等官「大臣の権能が大自在とも思はんから」
② ある物事をすることのできる資格。権利。
※それから(1909)〈夏目漱石〉一一「あらゆる美の種類に接触する機会を得るのが、都会人士の権能(ケンノウ)であると考へた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「権能」の解説

けん‐のう【権能】

法律上、ある事柄について権利を主張し、行使できる能力。公の機関の権限についていうことが多い。
「大臣の―が大自在とも思わんから強て成ろうとも思わない」〈魯庵社会百面相
ある物事をすることのできる資格。
「善ならざるものはかりそめにも幸福にあずかる―なしとするカント的厳格主義」〈長与竹沢先生と云ふ人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android