コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キルン kiln

翻訳|kiln

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キルン
kiln

セメント,碍子 (がいし) ,陶磁器などの焼成に使う。加熱する器具や物質を直接に燃料や加熱ガスと接触させる方式を窯 (キルン) といい,匣鉢に詰め,燃料,ガスから保護する方式をオーブンといい区別しているが,日本においてはあまり厳密な分類は行われていない。操作方法により連続窯 (トンネル窯) ,半連続窯 (登窯・鉄砲窯) ,単独窯 (角窯・丸窯) に分類される。陶磁器の焼成には単独窯が主流であるが,工業製品ではトンネル窯が,またセメントでは回転窯が主流となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キルンの関連キーワードバッハ:アルマンド イ短調/piano solo佐賀県武雄市武内町真手野ポルトランドセメント放射線廃棄物用ガラスデービッド ブリン日本科学史(年表)ロータリーキルンクルップ=レン法ゴミ発電システムブルンジの要覧岩佐機械工業ロングキルン硫酸バリウムセメント工業クランプトンアクラネースファジー理論ベルリン楽派ファジー工学ツェルター

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android