ギオルギ[5世](英語表記)Giorgi V

世界大百科事典 第2版の解説

ギオルギ[5世]【Giorgi V】

?‐1346
グルジア中世のバグラト朝の王。在位1314‐46年。ロシア風にゲオルギー5世ともいい,〈光輝王〉と呼ばれた。イル・ハーン国支配下の東グルジア王位に就くと,母の実家で1262年より独立状態にあったジャケリ家領,1259年以来分離していた西グルジア王国を併せて国家的再統一を達成し,さらにイル・ハーン国のアブー・ザイド(在位1317‐35)の死後は,領内からモンゴル遊牧民を追放して独立を成就した。《ギオルギ光輝王法典》を編ませ,国家の封建的再編成を企てた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android