コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギャウ 〈アイスランド〉gjá

デジタル大辞泉の解説

ギャウ(〈アイスランド〉gjá)

アイスランド島を南北に走る大地の裂け目。北米プレートとユーラシアプレートの二つが生まれる境界部分となっており、毎年数ミリメートルずつ東西に広がっている。シンクベトリル国立公園内にあるアルマンナギャウが有名。→中央海嶺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のギャウの言及

【アイスランド】より

…北側が北極圏に接する火山島で,面積は北海道の1.24倍である。
[自然]
 島は大西洋中央海嶺が珍しく海面上に現れたもので,中央構造帯には溶岩を出す割れ目(ギャウgjá),火山,噴気,温泉,地震などが多く,これを境に東・西の土地は年平均約1cmずつ離れており,海洋底拡大説の標式地である。1973年1月南沖のヘイマエイ島東部に夜半突如として北東~南西方向の割れ目が生じ,噴石ついで溶岩が流れ出したため,住民5200人が一時本土に避難した。…

※「ギャウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ギャウの関連キーワードキルキュバイヤルクロイストゥルシングヴェトリル国立公園シンクベトリルアイスランド円卓の騎士フレーニメルブ行法

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android