コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギュット ギュット Guth, Paul

1件 の用語解説(ギュットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギュット
ギュット
Guth, Paul

[生]1910.3.5. オートピレネー
[没]1997.10.29. パリ
フランスの小説家,ジャーナリストパリ大学文学部卒業後,高等学校教師を経て文筆活動に入る。主な作品に,自伝的な小説『世間知らず』 Mémoires d'un naïf (1953) とその連作小説,『お痩せのジャンヌ』 Jeanne la Mince (60) シリーズ,ムスティック少年を主人公とする『ムスティックと砂売りおじさん』 Moustique et le marchand de sable,『ムスティックと青ひげおじさん』 Moustique et Barbe-Bleue,『ムスティック月へ行く』 Moustique dans la luneの童話3部作のほか,『フランス文学史』 Histoire de la littérature française (67) ,伝記"Mazarin" (72) ,"Moi,Joséphine,impératrice" (79) ,随筆"Lettre ouverte aux futurs illettrés" (80) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギュットの関連キーワードタルブピレネー山脈ピレネー条約グレート・ピレニーズピレネーミディピレネーフレンチ・ピレニアン・ポインターブラク・フランセ・ピレネーピク・デュ・ミディ[山]ピレネーデスマン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギュットの関連情報