コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレーブニコフ フレーブニコフ Khlebnikov, Viktor Vladimirovich

6件 の用語解説(フレーブニコフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレーブニコフ
フレーブニコフ
Khlebnikov, Viktor Vladimirovich

[生]1885.11.9. アストラハン
[没]1922.6.28. ノブゴロド
ロシア,ソ連の詩人。鳥類学者の家庭に生れ,カザン大学自然科学を学び,特に動物学に熱中したが,学生運動に参加,投獄された。 1908年頃から詩作を始め,V.マヤコフスキーとともに未来派の中心メンバーとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フレーブニコフ(Velimir Khlebnikov)

[1885~1922]ロシア・ソ連の詩人。ロシア未来派の創設者・指導者。先端的な言語実験を行い、ネオロジズムザーウミ(意味を超えた言語)を駆使した作品を書いた。代表作、詩「笑いの呪文」「鶴」、劇詩「ザンゲジ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フレーブニコフ

ロシアの詩人。本名Viktor Vladimirovich Khlebnikov。アストラハンの貴族の家に生まれ,カザンペテルブルグの大学で数学や言語学を学んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フレーブニコフ【Velemir Khlebnikov】

1885‐1922
ロシア・ソ連邦の詩人。本名はViktor Vladimirovich Khlebnikov。アストラハン県に生まれ,カザンとペテルブルグの大学で数学,言語学などを学ぶ。マヤコーフスキーとともに1910年代ロシアの未来派を代表する詩人の一人であり,ザーウミ(超意味言語)や新造語を駆使した実験的作風によって,ロシア前衛芸術の成立に大きな役割を演じた。《笑いの呪文》(1910)は文学史上とくに名高い。《鶴》(1910),《シャーマンとビーナス》(1912)に代表される初期の作品はおおむね原始主義的傾向を示しているが,中期から晩年にかけては,激動期のロシアの現実を壮大な叙事詩に描き上げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フレーブニコフ【Velemir Khlebnikov】

1885~1922) 本名 Viktor Vladimirovich Kh. ロシアの詩人。ロシア未来派の代表者の一人。先端的な言語実験や壮大な宇宙的ビジョンで知られる。代表作は、詩「鶴」「笑いの呪文」、劇詩「ザンゲジ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレーブニコフ
ふれーぶにこふ
Велемир Хлебников Velemir Hlebnikov
(1885―1922)

ロシア・ソ連の詩人。本名ビクトル・ウラジーミロビチВиктор Владимирович/Viktor Vladimirovich。アストラハン近郊の鳥類学者の家に生まれる。カザンとペテルブルグの大学で数学、生物学などを学ぶ。初めソログープやV・イワーノフの影響で象徴派風の作品を書いたが、1910年代に入り、新造語やザーウミ(超意味言語)を駆使した実験的作品を次々と発表、未来派詩人として一躍脚光を浴びた。「笑い」という一語の自在な語根変化からなる『笑いの呪文(じゅもん)』(1910)はとくに名高い。『鶴(つる)』(1910)、『シャーマンとビーナス』(1912)など原始主義的傾向を示す初期の作品では、古代やスラブ異教への回帰、アジアへの憧憬(しょうけい)などが歌われているが、その根底には西欧近代への強い否定的意識があった。『ネズミ取りの中の戦争』(1919)、『塹壕(ざんごう)の夜』(1921)など中期以降の作品では、激動期のロシアの現実が孤独な放浪者の目を通してリアルに描かれている。また、1905年の日露戦争をきっかけに長年「時間の周期律」の発見にいそしみ、晩年の傑作『ラドミール』(1920)、『ザンゲジ』(1922)では、そうした独自の予定調和論に立脚した壮大なユートピア像が描かれている。マヤコフスキー、パステルナークらとともに20世紀ロシア詩を代表する詩人の一人としてその声価は著しく高い。[亀山郁夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフレーブニコフの言及

【未来派】より

…ロシア語ではfuturizm。D.D.ブルリューク,マヤコーフスキー,フレーブニコフ,A.E.クルチョーヌイフ,V.V.カーメンスキーらを中心とする〈立体未来派kubofuturizm〉(別名〈ギレヤGileya〉),I.セベリャーニンらの〈自我未来派egofuturizm〉,V.G.シェルシェネビチの〈詩の中二階mezonin poezii〉,パステルナーク,アセーエフに代表される〈遠心分離機tsentrifuga〉など,おもに四つのグループが活動した。なかでも立体未来派は,過去の文化的遺産の全面的な否定を旗印に,真に自立的な芸術の創造をめざし,M.F.ラリオーノフ,K.S.マレービチら同時代の前衛画家たちとも連帯しながら《裁判官の飼育場》(1910),《社会の趣味への平手打ち》(1912)など数多くの詩集を刊行した。…

※「フレーブニコフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フレーブニコフの関連キーワードゴロデツキーバグリツキーベードヌイロシアロシア人ソ連邦ヨーロッパロシアロシア連邦労農ロシアロシア[連邦共和国]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone