コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギョウジャノミズ ギョウジャノミズ Vitis flexuosa

1件 の用語解説(ギョウジャノミズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギョウジャノミズ
ギョウジャノミズ
Vitis flexuosa

ブドウ科の落葉つる植物。一名サンカクヅルブドウと同じような葉序で,葉に向い合って枝が出る。ときにはそれが巻きづるに変形する。葉は三角状卵形。雌雄異株で,果実はヤマブドウに似た球形の液果で黒く熟し,食べられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のギョウジャノミズの言及

【ヤマブドウ(山葡萄)】より

…やや太い茎を1m内外に切って直立させると,切口から水が流れ出る。昔,山中で行者が峰道で水がないときに,このつるを切ってのどをうるおしたところからギョウジャノミズという一名がある。 アマヅルV.saccharifera Makino(一名オトコブドウともいう)は,山地に生え,サンカクヅルに似て葉は毛がなくて厚く,光沢があり,秋には美しく紅葉する。…

※「ギョウジャノミズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギョウジャノミズの関連キーワードヤマブドウ(山葡萄)三角蔓蔓植物野葡萄半鐘蔓山葡萄蘡薁蔓手毬エビヅルサンカクヅル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone