コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギリシャ哲学 ギリシャテツガク

大辞林 第三版の解説

ギリシャてつがく【ギリシャ哲学】

古代ギリシャで行われた哲学。第一期(紀元前六世紀)にはターレスから始まるイオニア学派に代表される自然の根源(アルケー)の探究がなされ、第二期(紀元前五世紀中頃)では、ソクラテスの登場とともに自然より人間へと関心が移り、プラトン・アリストテレスを中心に、ロゴス(理性)、アレテー(徳)などが考察されるとともに、存在を問う探究が深まった。第三期(紀元前三世紀から紀元後六世紀)には、ポリスの崩壊とともに世界市民としていかに魂の安らぎを得るかが、エピクロス派・ストア派・懐疑派などにより求められた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ギリシャ哲学の関連キーワードフリードリヒ・ニーチェジョン バーネットイブンルシュドディオゲネス川田 熊太郎ボエティウスキュレネ学派田中美知太郎斎藤 忍随原子・元子シニシズム稲富栄次郎キンディーキニク学派波多野精一フィロン金井 正ストア派プネウマ思弁哲学

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギリシャ哲学の関連情報