コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギリシャ哲学 ギリシャテツガク

大辞林 第三版の解説

ギリシャてつがく【ギリシャ哲学】

古代ギリシャで行われた哲学。第一期(紀元前六世紀)にはターレスから始まるイオニア学派に代表される自然の根源(アルケー)の探究がなされ、第二期(紀元前五世紀中頃)では、ソクラテスの登場とともに自然より人間へと関心が移り、プラトン・アリストテレスを中心に、ロゴス(理性)、アレテー(徳)などが考察されるとともに、存在を問う探究が深まった。第三期(紀元前三世紀から紀元後六世紀)には、ポリスの崩壊とともに世界市民としていかに魂の安らぎを得るかが、エピクロス派・ストア派・懐疑派などにより求められた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシャ哲学
ギリシャてつがく

ギリシア哲学」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ギリシャ哲学の関連キーワードフリードリヒ・ニーチェジョン バーネットイブンルシュド田中美知太郎ボエティウス川田 熊太郎ディオゲネスキュレネ学派キンディーキニク学派稲富栄次郎原子・元子波多野精一シニシズム斎藤 忍随ピュシス金井 正ストア派藤沢令夫教父哲学

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギリシャ哲学の関連情報