コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギリシャ哲学 ギリシャテツガク

3件 の用語解説(ギリシャ哲学の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ギリシャ‐てつがく【ギリシャ哲学】

前6世紀ごろから後6世紀にかけて、ギリシャ本土とその周辺の地域で発達した古代ギリシャの哲学。イオニア学派エレア学派ソクラテスプラトンアリストテレスエピクロス学派・ストア学派新プラトン学派など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ギリシャてつがく【ギリシャ哲学】

古代ギリシャで行われた哲学。第一期(紀元前六世紀)にはターレスから始まるイオニア学派に代表される自然の根源(アルケー)の探究がなされ、第二期(紀元前五世紀中頃)では、ソクラテスの登場とともに自然より人間へと関心が移り、プラトン・アリストテレスを中心に、ロゴス(理性)、アレテー(徳)などが考察されるとともに、存在を問う探究が深まった。第三期(紀元前三世紀から紀元後六世紀)には、ポリスの崩壊とともに世界市民としていかに魂の安らぎを得るかが、エピクロス派・ストア派・懐疑派などにより求められた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシャ哲学
ギリシャてつがく

ギリシア哲学」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギリシャ哲学の関連情報