ギリシャ哲学(読み)ギリシャてつがく

大辞林 第三版の解説

ギリシャてつがく【ギリシャ哲学】

古代ギリシャで行われた哲学。第一期(紀元前六世紀)にはターレスから始まるイオニア学派に代表される自然の根源(アルケー)の探究がなされ、第二期(紀元前五世紀中頃)では、ソクラテスの登場とともに自然より人間へと関心が移り、プラトン・アリストテレスを中心に、ロゴス(理性)、アレテー(徳)などが考察されるとともに、存在を問う探究が深まった。第三期(紀元前三世紀から紀元後六世紀)には、ポリスの崩壊とともに世界市民としていかに魂の安らぎを得るかが、エピクロス派・ストア派・懐疑派などにより求められた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギリシャ哲学の関連情報