ギルニ・カムガル組合(読み)ギルニ・カムガルくみあい(英語表記)Girni Kamgar Union

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギルニ・カムガル組合
ギルニ・カムガルくみあい
Girni Kamgar Union

インドで最も歴史の古い紡績労働者の組合。 1928年全インド労農党の指導のもと,シュリパッド・アムリット・ダンゲにより,ヒンディー語で「赤旗」を意味する「ギルニ・カムガル」を組織名称として結成された。結成時の組合員数は 300人あまりであったが,数年後にはその数5万~6万にふくれ上がった。第2次世界大戦後は反ファッショ闘争の中心勢力となり,1946年にはボンベイ港の水兵反乱 (→インド海軍の反乱 ) に呼応してストライキを行なうなど,労働運動の革命的勢力として知られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android