水兵(読み)すいへい

精選版 日本国語大辞典「水兵」の解説

すい‐へい【水兵】

〘名〙
水軍
※本福寺跡書(1560頃)「殿原も全人衆も、双方切限に、一切々々のすい兵、一艘々々にとりのりとりのり、そのたたかい、名を末代に残と」
海軍で、平時は諸種の訓練に服務し、戦時は主として戦闘に従事する兵士
※新論(1825)守禦「今欲必団聚一処日教戦法
※徴兵令(明治二二年)(1889)九条「海軍に適する職業に従ひ水兵火夫職工及雑卒に区別し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「水兵」の解説

すい‐へい【水兵】

海軍に所属する兵士。
[類語]軍人兵士兵隊兵卒つわもの戦士闘士戦闘員従卒士卒将卒精兵弱兵雑兵ぞうひょう新兵初年兵古兵ふるつわもの老兵敵兵・敗残兵・伏兵番兵歩哨斥候歩兵騎兵砲兵工兵海兵セーラー憲兵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android