水兵(読み)スイヘイ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 水軍の兵。
※本福寺跡書(1560頃)「殿原も全人衆も、双方切限に、一切々々のすい兵、一艘々々にとりのりとりのり、そのたたかい、名を末代に残と」
② 海軍で、平時は諸種の訓練に服務し、戦時は主として戦闘に従事する兵士。
※新論(1825)守禦「今欲水兵必団聚一処日教戦法
※徴兵令(明治二二年)(1889)九条「海軍に適する職業に従ひ水兵火夫職工及雑卒に区別し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水兵の関連情報