コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギルベールの法則(気象) Gilbert's law

1件 の用語解説(ギルベールの法則(気象)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ギルベールの法則【Gilbert's law】

フランスのギルベールが,実地観測の経験をもとに導き出した天気予報の法則.種々の気圧傾度に対して,標準的な風速範囲を「基準風」とし,風速がこの基準よりも大きいときは過大風,小さいときは過小風とする.また風の傾角が基準のものより大であれば発散風,小であれば収斂風と名づける.これらに基づいて次のような法則が導かれた.

(1) 過大風は24時間内に気圧の上昇を起こす.その上昇の割合は風力の過剰の大きさに比例する.

(2) 過大風を伴う低気圧は早晩衰弱する.また,四周にすべて過大風が吹き,しかもそれが収斂風であるならば,この低気圧はいながらにして衰弱する.

(3) 過小風は24時間以内に気圧の下降を起こす.

(4) 過小風を伴う低気圧は,しだいに深度を増す.

(5) 低気圧は抵抗の最も小さな区域に移動していく.抵抗の小さいところというのは,過小風が発散的に吹いていることを意味する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギルベールの法則(気象)の関連キーワードコルベールダランベールチボーデトルバドゥールトルベールフランスフルベースフランスソワールマンデスフランスコルべール手綱 (Colbert rein)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone