風速(読み)ふうそく

日本大百科全書(ニッポニカ)「風速」の解説

風速
ふうそく

空気が単位時間に移動する速度。通常秒速(m/s)で表されるが、さまざまな単位による風速の換算は以下の「風速換算表」のとおりである。

風速換算表
〔1メートル/秒(m/s)〕
  1.944ノット(kn,Kt)
  2.237マイル/時(mile/h)
  3.281フィート/秒(ft/s)
  3.600キロメートル/時(km/h)
〔1ノット(kn,Kt)〕
  0.544メートル/秒(m/s)
  1.151マイル/時(mile/h)
  1.688フィート/秒(ft/s)
  1.852キロメートル/時(km/h)
〔1マイル/時(mile/h)〕
  0.447メートル/秒(m/s)
  0.869ノット(kn,Kt)
  1.467フィート/秒(ft/s)
  1.609キロメートル/時(km/h)
〔1フィート/秒(ft/s)〕
  0.305メートル/秒(m/s)
  0.592ノット(kn,Kt)
  0.682マイル/時(mile/h)
  1.407キロメートル/時(km/h)
〔1キロメートル/時(km/h)〕
  0.278メートル/秒(m/s)
  0.540ノット(kn,Kt)
  0.621マイル/時(mile/h)
  0.911フィート/秒(ft/s)
 ここでいう地表の風速とは、普通地表からおよそ10メートルの高さの風速をいう。風速はこれより低くなると地面摩擦の影響で小さくなり、また、これより高くなると風速は大きくなるが、標準状態のときの風速の垂直方向の変化は次の「高さによる風速値の補正」を参照していただきたい。

高さによる風速値の補正
〔高さ 1m〕
  10mの高さとの風速比 0.73
  補正計数       1.37
〔高さ 2m〕
  10mの高さとの風速比 0.78
  補正計数       1.28
〔高さ 3m〕
  10mの高さとの風速比 0.82
  補正計数       1.22
〔高さ 4m〕
  10mの高さとの風速比 0.85
  補正計数       1.18
〔高さ 5m〕
  10mの高さとの風速比 0.88
  補正計数       1.14
〔高さ10m〕
  10mの高さとの風速比 1.00
  補正計数       1.00
〔高さ15m〕
  10mの高さとの風速比 1.08
  補正計数       0.93
〔高さ20m〕
  10mの高さとの風速比 1.15
  補正計数       0.87
〔高さ25m〕
  10mの高さとの風速比 1.20
  補正計数       0.83
〔高さ30m〕
  10mの高さとの風速比 1.24
  補正計数       0.81
〔高さ40m〕
  10mの高さとの風速比 1.32
  補正計数       0.76
〔高さ50m〕
  10mの高さとの風速比 1.37
  補正計数       0.73
風速はさまざまな種類の風速計で計測される。

[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵「風速」の解説

風速

ほぼ水平な大気の流れの速さ。変動する風の瞬間的風速を瞬間風速、その最大のものを最大瞬間風速という。単に風速といえば10分間の平均風速。瞬間風速は、平均風速の1.5倍から3倍以上になることもある。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 宮澤清治 NHK放送用語委員会専門委員 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

精選版 日本国語大辞典「風速」の解説

ふう‐そく【風速】

〘名〙 風の吹く速さ。単位時間に空気の動いた距離のことで、ふつう m/sec で表わすが、mile/h あるいはノットなどの単位でも表わす。気象庁では観測時刻の前、一〇分間の地上約一〇メートルの高さにおける平均風速をその時刻の風速とする。
※上海(1928‐31)〈横光利一〉一「測候所のシグナルが平和な風速を示して塔の上へ昇っていった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「風速」の解説

風速
ふうそく
wind speed

の速さ。一定時間に空気が移動した距離。風速の単位には m/s,kn,km/hなどがあり,風速計で測定される。風速は刻々変動するが,単に風速といえば観測時前 10分間の平均風速のことであり,その最大最大風速といい,期間を明記する。風速は地面からの高さや地形によって異なるため,標準として広い平坦地で地上 10mの値をはかる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「風速」の解説

ふう‐そく【風速】

風の吹く速さ。1秒間に空気が移動する距離。ふつう地上10メートルにおけるその時刻の前10分間の平均値で示す。→瞬間風速
[補説]天気予報などで用いられる「風の強さ」と風速
風の強さ風速
やや強い風10m/s以上15m/s未満
強い風15m/s以上20m/s未満
非常に強い風20m/s以上30m/s未満
猛烈な風30m/s以上

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「風速」の解説

風速【ふうそく】

風の速さ。メートル単位で計測し秒速(m/s)で表されるが,km/h,ノットなども用いる。ふつうは前10分間の平均風速をいう。例えば15時の風速が6m/sといえば,14時50分から15時までの平均風速が6m/sであることを意味する。瞬間的に強くなる風速を瞬間風速といい,風速とは区別する。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

パラグライダー用語辞典「風速」の解説

風速

風の吹いてくる速度のこと。時速(km/h)または秒速(m/s)で表す。航海の際、風速は重要な要素であった為に、ノット(kt)の表示もあるが、パラグライダーでノットは殆ど使われない。秒速を時速に換算するには3.6を掛けkmで読むと便利。 例) 秒速10m ×3.6  時速36km

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

世界大百科事典内の風速の言及

【風】より

…なお上向きや下向きの空気の流れは気流と呼んで一般に風とは区別している。風はベクトル量であるから,ふつう風向と風速の二つの量で示されるが,気象学の分野で理論的な取扱いをするときは,東西成分と南北成分に分けて考えることが多い。風向は風の吹いてくる方向をさし,例えば北東から吹いてくる風は北東の風という。…

※「風速」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android