コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギルレー James Gillray

1件 の用語解説(ギルレーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ギルレー【James Gillray】

1757‐1815
イギリスの風刺画家。ロンドンに生まれ,銅版画家として出発。後にローヤルアカデミーで学ぶが,独学に負うところが大きい。出版業者ハンフリー夫人と提携し,主要作品のほとんどを彼女のもとで制作。アルコール中毒と1811年ころから患った精神病で,狂気のうちに自殺。同時代の画家の中で最もしんらつで仮借のない批判精神をもち,気魄に満ちたグロテスクな描写で,ナポレオンフランス革命イギリス王室などの社会・政治的要人を露骨に風刺した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ギルレーの関連キーワードプラッシーの戦白粒岩ロスバハの戦いシュタインルイ[18世]真田幸弘ウィレム[1世]フアト・パシャイタリア演劇鳥人幸吉

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone