コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギルレー James Gillray

世界大百科事典 第2版の解説

ギルレー【James Gillray】

1757‐1815
イギリスの風刺画家。ロンドンに生まれ,銅版画家として出発。後にローヤル・アカデミーで学ぶが,独学に負うところが大きい。出版業者ハンフリー夫人と提携し,主要作品のほとんどを彼女のもとで制作。アルコール中毒と1811年ころから患った精神病で,狂気のうちに自殺。同時代の画家の中で最もしんらつで仮借のない批判精神をもち,気魄に満ちたグロテスクな描写で,ナポレオンフランス革命イギリス王室などの社会・政治的要人を露骨に風刺した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ギルレーの関連キーワードローヤル・アカデミークルックシャンク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android