コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギーマ Vaccinium wrightii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギーマ
Vaccinium wrightii

ツツジ科の常緑低木。琉球列島と台湾に分布する。高さ2~3mになり,根もとからよく分枝する。枝は丸くて樹皮は平滑,若枝赤褐色をしている。葉はごく短い柄で互生し,長さ2~5cmの楕円形,両端はとがり,縁には細かい鋸歯が並ぶ。春に,枝の先端に長い花穂を伸ばし,細長い壺形の白花を多数下垂して咲かせる。花柄は長く,1cmあまりもあって花冠の2倍に近い。おしべは 10本。花後に径 5mmほどの球形液果を生じ,紫褐色に熟す。甘酸味のある汁液に富み食べられる。ギーマの名は沖縄での呼び名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ギーマの関連キーワードスマートコミュニティキャティーちゃんトクナガクニハルハロウィンIIランス ゲストドギーちゃんハロウィン橋詰美由紀近藤那由汰Keito坂本一敏アッキーマギー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギーマの関連情報