クイトゥン(読み)くいとぅん

  • くいとぅん / 奎屯

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国、新疆(しんきょう)ウイグル自治区北部、イリ・カザフ自治州中部の県級市。常住人口15万6700(2013)。1975年カラマイ市から分離、独立した同自治州の直轄行政単位である。カラマイやウルムチに自動車道が通じ、北疆線(ウルムチ―阿拉山口(あらさんこう))が通じる。紡績工業、金属加工業、食品加工業、化学工業も発達している。天山(てんざん)山脈北麓にあり、中華人民共和国成立後、新疆生産建設兵団による開墾が進み、灌漑(かんがい)、耕作が進んだ。同自治区の農産物集散地でもある。

[駒井正一・編集部 2018年1月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android