コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイリテス Quirites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クイリテス
Quirites

古代ローマ時代初期,ローマ市民がみずからを呼んだ呼称。サビニ人の神 Quirinusが語源かと思われる。公民の資格における市民個人をさす。政治・軍事上の資格におけるローマ市民 Romaniと区別される。ユリウス・カエサル反乱を起しかけた兵士に「市民諸君,クイリテス!」と呼びかけて未然に反乱を防いだ話は有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android