コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイロン Quilon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クイロン
Quilon

インド南西部,ケララ州南部の港町。クイロン県の行政庁所在地。アラビア海に面し,古くからアラビア貿易の重要港で,ポルトガル,オランダ,イギリスなどもここに商館をおいた。ココヤシ繊維やワタの紡織,タイル製造の零細工場が多く,カシューナッツ加工なども行われる。ケララ大学のカレッジ5校,かつてトラバンコール王の宮殿であったテバリー宮がある。北方にアシュタムディ湖がある。人口 13万 9717 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android