クイロン(英語表記)Quilon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クイロン
Quilon

インド南西部,ケララ州南部の港町。クイロン県の行政庁所在地。アラビア海に面し,古くからアラビア貿易の重要港で,ポルトガル,オランダ,イギリスなどもここに商館をおいた。ココヤシ繊維やワタの紡織,タイル製造の零細工場が多く,カシューナッツ加工なども行われる。ケララ大学のカレッジ5校,かつてトラバンコール王の宮殿であったテバリー宮がある。北方にアシュタムディ湖がある。人口 13万 9717 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android