コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クストーザ・ノバーラの戦い くすとーざのばーらのたたかい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クストーザ・ノバーラの戦い
くすとーざのばーらのたたかい

オーストリアに対する第一次独立戦争(1848~49)でイタリアの敗北を決定した二つの戦い。クストーザCustoza、ノバーラNovaraは、ともにイタリアの地名。クストーザの戦いは、1848年7月23日から25日にかけて、サルデーニャ王国軍とオーストリア軍との間で行われた。ペスキエーラの陥落後、オーストリア軍司令官ラデツキーは、ベローナ方面に移動するサルデーニャ軍の計画を見破り、その作戦を阻止するため7月23日サルデーニャ軍を襲撃して撤退させた。翌24日国王カルロ・アルベルトの率いるサルデーニャ軍は、わずか2万の兵力でクストーザに攻撃をしかけた。ラデツキーは5万の全兵力を投入してこれを包囲し、撃破した。8月8日にサラスコの休戦が成立した。一方、ノバーラの戦いは、49年3月23日、シャルノフスキー将軍の率いるサルデーニャ軍とラデツキーのオーストリア軍との間で行われた。この戦闘は、サラスコの休戦期限3日後にミラノの西方のノバーラで起こり、サルデーニャ軍は決定的な敗北を被った。カルロ・アルベルトはオーストリアに休戦を申し入れ、王位を皇太子に譲ったのち、ポルトガルに亡命した。[重岡保郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android