コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クセノフォントス修道院 クセノフォントスシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

クセノフォントス‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【クセノフォントス修道院】

Moni XenophontosΜονή Ξενοφώντος》ギリシャ北部、ハルキディキ半島にある東方正教会の聖地アトス山の修道院。半島西岸の海沿いにあり、要塞のような外観で知られる。10世紀から11世紀頃の創設。主聖堂は二つあり、古いものは16世紀の建造で、クレタ派の画家が描いたフレスコ画があり、新しいものは19世紀の建造でアトス山で最も大きい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

クセノフォントス修道院の関連キーワードハルキディキ半島

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android