クセルクセス[1世](読み)クセルクセス

  • 1世
  • Xerxēs I

世界大百科事典 第2版の解説

ペルシア帝国の王。在位,前486‐前465年。父ダレイオス1世の末年に起こったエジプト反乱を平定してまもなく,バビロニアの反乱に直面した。ペルセポリス出土のいわゆる〈邪神崇拝禁止碑文〉はこの鎮圧を記念して制作されたと考えられる。相次ぐ内乱のため,父の遺志を継いだギリシア遠征はようやく前480年に実施された。みずから兵を率いて進軍したクセルクセスアテナイまで達することができたが,サラミスの海戦での敗北を知って帰国し,遠征は失敗に終わった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクセルクセス[1世]の言及

【ギリシア】より

…僭主政打倒のときにペルシアに亡命したもとのアテナイ僭主ヒッピアスもこれに同行したが,マラトンの戦でアテナイ軍はほとんど単独でこれに勝利した。その後まもなくアテナイの名将テミストクレスの海軍拡張政策がアテナイ人の支持を受けていたとき,ダレイオスの後を継いだクセルクセス1世は前480年自ら陸海の大軍を率いてギリシアに侵入した。この危機にあたってギリシア諸市の態度はさまざまであったが,陸軍強国スパルタと海軍強国アテナイの協力ができたことはギリシア諸市の戦いにとって大きな意義をもった。…

【テミストクレス】より

…前493年に首席アルコンの要職に選ばれ,ペルシアの来襲を見通し,ラウリオン銀山の収益を市民に分けるのを控えさせ,それを三段橈(かい)船の建造費に回した。こうして前480年にペルシア王クセルクセス1世が攻めこんできたときに,テミストクレスはストラテゴス(将軍)として艦隊を指揮し,ペルシア軍をサラミスの海戦で破った。 その後,彼は戦火に崩れたアテナイ市の立直しを図り,城壁を築き,さらにペイライエウス(ピレウス)港の建設を始めた。…

【ペルシア戦争】より

…この頃アテナイでは,対ペルシア路線をめぐる対立が有力政治家の抗争を激化させ,オストラキスモス(陶片追放)の投票が連年施行されるなかで,テミストクレスに代表される反ペルシア路線が固まっていった。
[第2回ペルシア戦争(前480‐前479)]
 ダレイオスの遺志を継いだクセルクセス1世は,陸海呼応の大兵力でギリシアを征服する準備にかかった。マケドニア,テッサリア地方の味方陣営内への確保が保証されたものと思われる。…

【ペルシア帝国】より

… 前5世紀に入ると,イオニア諸都市の反乱(イオニア反乱)を契機としてギリシアとの対立が生じ,ペルシア戦争が起こった。しかし,帝国にとっていっそう重大な問題は,ダレイオスの末年からクセルクセス1世の初期にかけて相次いで起こったエジプト(前486)とバビロニア(前484および前482)の反乱であった。クセルクセスは反乱を鎮圧した後,2州に対する統制を強化した。…

※「クセルクセス[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android