コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラミス サラミスSalamis

翻訳|Salamis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラミス
Salamis

キプロス島の古代主要都市。アテネ沖のサラミス島出身の英雄テウクロストロイ戦争の帰路建設したと伝えられる。島の東岸に位置し,ファマグスタ湾に面した良港があり,フェニキアエジプトキリキアなどとの通商が盛んであった。サラミス王エバゴラスは,前 411フェニキア人の侵略を押え,ほぼ全島を支配した。その後,エジプトのプトレマイオス朝の支配を経て,前 58年ローマ領となった。この地を使徒パウロやバルナバスが訪れている。 115~117年ローマに対するユダヤ人の反乱および地震で破壊されたが,4世紀頃にローマ皇帝コンスタンチヌス2世が再建,コンスタンチーナと命名した。 647年アラブの侵入後,衰退。ローマ時代の広場や水道の遺跡が現存する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

サラミス【Salamis】

ギリシャ南部、アテネの外港ピレウスの西方にある小島。この近海で、紀元前480年テミストクレスの指揮するアテネ海軍がペルシャ海軍を撃破した。 「 -の海戦」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

サラミスの関連情報