コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クチャ(庫車)遺跡 クチャいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クチャ(庫車)遺跡
クチャいせき

クーチョ Kucheともいう。中国,シンチヤン (新彊) ウイグル自治区クチャにある遺跡。古代の亀茲国の城址は現市街の北方近郊にある。付近に仏教遺跡が多く,なかでも現市街の西方 24kmのクムトゥラ,それよりさらに西方 16kmのキジルなどは重要である。これらの遺跡は5~9世紀の平地寺院址,岩窟寺院址,住居址を含んでいるが,このうちキジルにある千仏洞と呼ばれる岩窟寺院群は有名であり,内部はペルシア風の手法で描かれた優美な壁面で満たされている。また仏教遺跡からは,トカラ語ソグド語サンスクリット語などで書かれた経文や文書も発見された。 1910年代に主としてドイツの A.ル・コックや A.グリューンウェーデルらによって調査された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone