コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住居址 じゅうきょし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住居址
じゅうきょし

人間が寝起きして生活した痕のある遺跡。岩陰洞窟竪穴煉瓦石造のものなどがある。竪穴住居址は地面に掘込んだ床,壁,柱穴,炉跡などの形で残っている。岩陰,洞窟などでは,遺物,炉跡などが証拠になる。洞窟遺跡は,普通入口近くで生活していたと考えられ,旧石器時代から存在していた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうきょ‐し〔ヂユウキヨ‐〕【住居×址】

住居の遺構。洞窟(どうくつ)・竪穴(たてあな)住居平地住居の跡など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうきょし【住居址】

過去に人が生活を営んだ住居の跡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

住居址の関連キーワードドルニ・ベストニース遺跡ドルニ・ベストニツェウスチ・ポルイ文化テラ・アマタ遺跡テル・サラサート高根木戸遺跡群雄基松坪洞貝塚カンピニー遺跡赤峰紅山後遺跡片山津玉造遺跡コステンキ遺跡宇木汲田遺跡井戸尻遺跡群与助尾根遺跡平地住居址敷石住居址久が原遺跡モヨロ貝塚小営子遺跡マルタ遺跡