住居址(読み)じゅうきょし

  • じゅうきょし ヂュウキョ‥
  • じゅうきょし〔ヂユウキヨ〕
  • 住居×址

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間が寝起きして生活した痕跡のある遺跡岩陰洞窟竪穴煉瓦石造のものなどがある。竪穴住居址は地面に掘込んだ,壁,柱穴,炉跡などの形で残っている。岩陰,洞窟などでは,遺物,炉などが証拠になる。洞窟遺跡は,普通入口近くで生活していたと考えられ,旧石器時代から存在していた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 人間の居住したあと。特に考古学上、石器時代以降、人間が住み生活した跡を示す遺構をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android