コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クトゥビア Koutoubia

デジタル大辞泉の解説

クトゥビア(Koutoubia)

モロッコ中部の都市マラケシュの旧市街の西側にある尖塔(ミナレット)。高さ約77メートル。12世紀、ムワッヒド朝の創始者アブド=アルムーミンによって建設がはじまり、孫のヤークーブ=アル=マンスールによって完成。スペインのセビリアにあるヒラルダの塔のモデルとなった。マラケシュのシンボルとして有名。クトゥビーア。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

クトゥビアの関連キーワードハサンの塔

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android