クムガン(金剛)山(読み)クムガンさん(英語表記)Kǔmgang-san

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クムガン(金剛)山
クムガンさん
Kǔmgang-san

北朝鮮,カンウォン (江原) 道の南東部にある名山。テベク (太白) 山脈の山塊の一つで,北西から南東に約 15kmにわたって連なる。最高峰はピロ (毘盧) 峰で,標高 1638m。花崗岩から成り,垂直節理と断層に風化作用が加わって,一万二千峰と通称される奇岩,奇峰と深い峡谷が形成されている。西からネ (内) クムガン,ウェ (外) クムガン,ヘ (海) クムガンに分れる。ウェクムガンは奇岩怪石の景勝地に富み,ネクムガンは山が深く,ヘクムガンは海中から奇岩が突き出ている。マンムルサン (万物相) ,クリョン (九竜) 瀑布,チプサン (集仙) 岩などが景勝地として特に有名。古くは朝鮮仏教の霊地とされたため,新羅時代からの古刹が多い。勤労者の休養施設が整っており,登山口は東海岸のコソン (高城) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android