クラカケトラギス(読み)くらかけとらぎす(英語表記)saddled weever

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラカケトラギス
くらかけとらぎす / 鞍掛虎鱚
saddled weever
[学]Parapercis sexfasciata

硬骨魚綱スズキ目トラギス科に属する海水魚。岩手県以南の太平洋岸と青森県以南の日本海岸、朝鮮半島南岸、東シナ海、ジャワ島南部まで分布する。一般にオキハゼ、トラハゼなどとよばれるがハゼの仲間ではない。体は円筒状である。目は大きくて斜め上方に向く。背びれ(きょく)部基底は短く、背びれ軟条部と臀(しり)びれの基底は長い。背びれ棘部と軟条部は連続する。体は背側部が赤褐色で、腹側面は白い。体側に4個のV字状の暗色斑(はん)と胸びれの基底部と目を横切る暗色帯がある。小形甲殻類、ゴカイ類、ハゼなどの小形魚類を捕食する。体長は13センチメートルほどに達する。産卵期は2~6月と10~11月の2回ある。機船底引網などで漁獲され、おもに練り製品の原料として利用されるが、てんぷら、塩焼きなどにしてもおいしい。釣りの外道(げどう)(ねらっているもの以外の魚が釣れてしまうこと)としてよく知られている。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android