クラスター展開(読み)クラスターてんかい(英語表記)cluster expansion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「クラスター展開」の解説

クラスター展開
クラスターてんかい
cluster expansion

古典統計力学の有用な計算法の1つで,1936年に J.E.メーヤーによって完成されたが,のちに量子統計力学原子核多体問題などにも応用された。相互作用が働いている多粒子系の分配関数の計算は一般にきわめて困難であるが,粒子の密度がそれほど大きくなく,相互作用ポテンシャルの到達距離が粒子間の平均距離に比べて十分短ければ,ある時刻において相互作用を及ぼし合う粒子の数は比較的少数である。クラスター展開は全系の分配関数を少い粒子数が関与する積分に分解して似する方法を与える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android