コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラスター展開 クラスターてんかい cluster expansion

1件 の用語解説(クラスター展開の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラスター展開
クラスターてんかい
cluster expansion

古典統計力学の有用な計算法の1つで,1936年に J.E.メーヤーによって完成されたが,のちに量子統計力学原子核多体問題などにも応用された。相互作用が働いている多粒子系の分配関数の計算は一般にきわめて困難であるが,粒子の密度がそれほど大きくなく,相互作用ポテンシャルの到達距離が粒子間の平均距離に比べて十分短ければ,ある時刻において相互作用を及ぼし合う粒子の数は比較的少数である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラスター展開の関連キーワード統計熱力学量子統計力学古典統計力学熱統計力学ウィグナーの位相空間分布関数量子統計ギブズの統計力学古典統計統計力学史《統計力学の基本原理》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone