コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラスノトゥリインスク Krasnotur'insk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラスノトゥリインスク
Krasnotur'insk

ロシア中西部,スベルドロフスク州の都市。州都エカテリンブルグの北約 320km,ウラル山脈中部東麓にあり,オビ川水系トゥリヤ川に臨む。1758年に建設され,1944年市となるまではトゥリインスキエルドニキといった。付近に産するボーキサイトを原料とするアルミニウム精錬工場がある。セローフの北西にあたり,鉄道で連絡。人口 6万2578 (2006推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android