コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラズミウマ くらずみうま

1件 の用語解説(クラズミウマの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラズミウマ
くらずみうま / 倉住馬
[学]Tachycines asynamorus

昆虫綱直翅(ちょくし)目カマドウマ科に属する昆虫。家屋内にすむ中形のカマドウマの1種。体長15ミリメートル内外。全身淡黄褐色の地に薄い褐色のまだら模様をもつ。つやはない。前脚(あし)の腿節(たいせつ)の下縁に棘(とげ)があり、後脚の脛節(けいせつ)の背縁の棘は数多く、密に並ぶ。雌の産卵管は10ミリメートルで、長いほうである。産卵管の先はしばしば後ろ脚膝部(しつぶ)に達する。成虫は一年中みられ、雑食性で、室内の有機物を食べる室内清掃者である。日本全土に分布し、人家の台所などのほか倉庫などにもいる。ヨーロッパやアメリカには日本から侵入して帰化したものが温室内にすむ。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクラズミウマの言及

【カマドウマ(竈馬)】より

…灯火に集まった小昆虫を食べにくることもある。この仲間は日本では,ほかに大型で黒と白のまだらのマダラカマドウマD.japonica,家屋内にすむ中型のクラズミウマTachycines asynamorusがよく知られている。ホラズミウマT.horazumiのように石灰洞にのみ見られる種も知られている。…

※「クラズミウマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone