コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラマース=クローニヒの関係式 クラマース=クローニヒのかんけいしきKramers-Kronig relations

1件 の用語解説(クラマース=クローニヒの関係式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラマース=クローニヒの関係式
クラマース=クローニヒのかんけいしき
Kramers-Kronig relations

誘電体の複素誘電率 ε(ω) を ε(ω)=ε'(ω)+iε''(ω) のように実数部分と虚数部分に分けて書くとき,ε' と ε'' の間に成り立つ次の関係をクラマース=クローニヒの関係式という。
ただしPは x=ω では主値をとることを表わす。これは物理的には因果律の結果であり,誘電率だけではなく磁性体の帯磁率,さらには量子力学での散乱振幅に対しても同様な関係が成り立ち,一般に分散公式と呼ばれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のクラマース=クローニヒの関係式の言及

【誘電体】より

…これをLST(リデン=ザックス=テラー)の関係式という。
[クラマース=クローニヒの関係式]
 時間的に変化する電場によって電気分極が生ずるとき,因果律により,電気分極の変化が電場の変化に先立つことはない。このことから,電気感受率関数χ(ω)の実部χ′(ω)と虚部χ″(ω)は互いに独立ではなく,が成り立つ。…

※「クラマース=クローニヒの関係式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone