コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラマース クラマースKramers, Hendrik Anthony

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラマース
Kramers, Hendrik Anthony

[生]1894.12.17. ロッテルダム
[没]1952.4.24. イーグスゲスト
オランダの物理学者。ライデン大学卒業後,コペンハーゲン大学講師を経て,ユトレヒト大学教授 (1926) ,ライデン大学教授 (34) 。 1924年のラマン効果の理論的予測,27年のクラマース=クローニヒの関係式の導出などの業績が有名であるが,ほかにも波動方程式近似解法 (ベンツル=クラマース=ブリユアンの方法) ,合金の相転移に対するクラマース=ワニエの方法,常磁性錯塩についての理論,X線や音響量子に関する理論研究でも知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラマース【Hendrik Antony Kramers】

1894‐1952
オランダ物理学者。ロッテルダム出身でライデン大学に学び,P.エーレンフェストのもとで理論物理学を専攻した。その後コペンハーゲンでN.ボーアの共同研究者となり,理論物理学研究所の開設(1920)とともに最初の助手,次いで講師となった。1924年ユトレヒト大学教授,34年ライデン大学教授。 コペンハーゲン時代の研究は,原子構造の量子論の展開にかかわるもので,とくにヘリウム原子の研究(1923)やボーア,J.C.スレーターとの連名の著名な論文(1924)が含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラマース
くらまーす
Hendrik Anttony Kramers
(1894―1952)

オランダの理論物理学者。ライデン大学でエーレンフェストに学び、コペンハーゲンのボーアの下で研究を行い、ユトレヒト大学教授を経て、1934年ライデン大学のエーレンフェストの後を継いだ。その初期には、対応原理の研究やハイゼンベルクと共同して光の分散に関する研究、またWKB法として知られるシュレーディンガー方程式の近似解法の創始など、量子力学の確立に重要な貢献をした。クレーニヒとは独立に、1927年に導出したクラマース‐クレーニヒの関係式は、その後の光の分散理論の基本公式となり、また1930年に理論的に研究したクラマース縮退は、断熱消磁で極低温を得るのに利用されている。後年の彼の研究は物理学の広い分野にわたったが、数学的な表現がもっている物理学的意味についての洞察力に優れた物理学者であった。[川合葉子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクラマースの言及

【クラマースの法則】より

…クラマースH.A.Kramersが1923年に発表したX線の光電効果的吸収の理論式に基づいて,それを光の波長について平均した近似式をいい,星の内部構造論に用いられる。密度をρ,温度をTとおけば,その式は, と表現され,比例定数は化学組成に依存する。…

※「クラマース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クラマースの関連キーワード日清戦争リーケの原理日清戦争ロシア映画アレクサンドル露仏同盟ウィリス木口小平権藤震二高橋作衛

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone