コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラレンス(公家) クラレンス[こうけ]Clarence, Dukes of

1件 の用語解説(クラレンス(公家)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラレンス(公家)
クラレンス[こうけ]
Clarence, Dukes of

イギリスの貴族の家柄。代々王族が授爵。 1362年エドワード3世の第3子ライオネル・オブ・アントワープ (1338~68) が公家を創設したが,後嗣なくとだえた。 1412年ヘンリー4世の次子トマス (88~1421) が新たに創設。彼は兄ヘンリー5世を助けて百年戦争に活躍したが,後嗣なく戦死。次いで 61年エドワード4世の弟ジョージ (49~78) が公爵に叙せられた。彼は兄王に反抗してこれを捕え,ヘンリー6世を復位させたが,まもなく兄と和解して再び王位につかせ,ヨーク朝の成立に大きな役割を果した。しかし兄王の警戒心のため謀殺され,公爵位も彼1代で終った。その後長らくとだえたが,1789年ジョージ3世の3男ウィリアムに授けられて復活。しかし,1830年彼がウィリアム4世として即位したため消滅。最後に,90年エドワード7世の長男アルバート・ビクター (1864~92) に授けられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone