クラレンス(公家)(読み)クラレンス[こうけ](英語表記)Clarence, Dukes of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラレンス(公家)
クラレンス[こうけ]
Clarence, Dukes of

イギリスの貴族の家柄。代々王族が授爵。 1362年エドワード3世の第3子ライオネル・オブ・アントワープ (1338~68) が公家を創設したが,後嗣なくとだえた。 1412年ヘンリー4世の次子トマス (88~1421) が新たに創設。彼は兄ヘンリー5世を助けて百年戦争に活躍したが,後嗣なく戦死。次いで 61年エドワード4世の弟ジョージ (49~78) が公爵に叙せられた。彼は兄王に反抗してこれを捕え,ヘンリー6世復位させたが,まもなく兄と和解して再び王位につかせ,ヨーク朝の成立に大きな役割を果した。しかし兄王の警戒心のため謀殺され,公爵位も彼1代で終った。その後長らくとだえたが,1789年ジョージ3世の3男ウィリアムに授けられて復活。しかし,1830年彼がウィリアム4世として即位したため消滅。最後に,90年エドワード7世の長男アルバート・ビクター (1864~92) に授けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android