戦死(読み)せんし

精選版 日本国語大辞典「戦死」の解説

せん‐し【戦死】

〘名〙 軍人・兵士が戦場で死ぬこと。うちじに。〔文明本節用集(室町中)〕
※読史余論(1712)三「細川讚岐守、七条大宮にて戦死す」 〔史記‐大宛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「戦死」の解説

【戦死】せんし

戦って死ぬ。〔史記、大宛伝〕貳師(じし)後に行く。に乏しきに非ず、戰死するもの多きことはず。而れども將貪つて、多くは士卒を愛せず、之れを牟(しんぼう)し、~物故するもの(おほ)し。

字通「戦」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android