家柄(読み)いえがら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「家柄」の解説

家柄
いえがら

系譜のよしあしによる家の位置づけ。その基準は時代により異なるが,基本的には古代天皇貴族先祖がつながるものがよいとされ,源平藤橘とするのはその代表。同一の家系では傍系よりも直系,新しい家よりも古い家がよいとされた。家柄は現実の家の社会的位置とは対応しないが,高い社会的位置を得た家はしばしば家柄もよくしようとして,系図を創作することもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「家柄」の解説

いえ‐がら〔いへ‐〕【家柄】

先祖から受け継いでいる家の格式。その家に対する社会的評価を伴う。
格式の高い家。名家。
「親戚にも―の家(うち)が沢山ある」〈秋声・新世帯〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「家柄」の解説

いえ‐がら いへ‥【家柄】

〘名〙
① 家の格式。先祖からの家すじの品格。歴史的な家格
※小説精言(1743)二「決不這様敗懐門風(〈注〉イエガラ)的好東西
② 家の格式の高いこと。また、その家。名家。名門。
※歌舞伎・霊験曾我籬(1809)六幕「身不肖の拙者、家柄の息女を申しうけるは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の家柄の言及

【家格】より


[古代・中世]
 日本でこうした家格観念が発生したのは,おそらく平安時代中ごろの中央貴族層の世界でのことと考えられる。それは,古代の律令国家時代には国家官僚の職業として存在していた各種の業務が,この時代からある特定の家柄により代々継承されるようになった風潮の中で,はじめて具体化されたとみることができる。たとえば,法律を家業とする坂上,中原家,文筆の家である菅原家などがそれである。…

※「家柄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android